東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、メジャー通算100安打

 【ミネアポリス=共同】14日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がミネアポリスでのツインズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数3安打1打点で今季初の1試合3安打をマークした。複数安打と打点は3試合連続。四回の中前打ではメジャー通算100安打とした。

 チームは3−4で敗れた。

◆今季初3安打

 打席でのわずかな感覚やタイミングのずれを修正していた姿は過去のものになった。エンゼルスの大谷は0−3の四回、中前打で連続試合安打を3に伸ばし、メジャー通算100安打に到達した。

 先発右腕ギブソンに2球続けて内角低めを突かれ、3球目の高め154キロを力強くはじき返した。前夜の初本塁打も内角一辺倒で攻められた後、真ん中付近への球を捉えたものだった。「いろんな状況の中で自分の打撃を変えながら、打線が回るようにいい仕事ができた」と満足げに話した。

 2−4の六回1死二塁でも1球目の内角への変化球を見逃し、2球目の外角球をしぶとく中前打に。

 一方、一塁から一気に三塁を狙った六回や、二塁から本塁を目指した八回の走塁ではいずれもアウトになり「細かいところは見直す必要がある」と言う。それでも、手術の影響を感じさせないプレーで、攻撃陣では不可欠な存在となった。 (ミネアポリス・共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報