東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

貴景勝が休場 右膝けが

貴景勝

写真

 大相撲の新大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が夏場所5日目の16日、「右膝関節内側側副靱帯(じんたい)損傷。今後約3週間の加療を要する見込み」などとする診断書を提出し、休場した。再出場は未定。5日目に対戦が組まれた玉鷲は不戦勝。

 貴景勝は4日目に御嶽海を寄り切りで下した相撲で右膝を負傷。「大丈夫、痛めていない」などと話し、自分で歩いて場所を後にした。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によると、16日朝に本人が「休場したいです」と申し出たという。親方は「無理をして今後の相撲人生を終わらせるわけにはいかない」と語った。

 貴景勝の休場は、昨年の春場所以来2度目。ここまで3勝1敗だが、千秋楽まで休場すれば、次の名古屋場所ではかど番となる。新大関の休場は、昨年の名古屋場所の栃ノ心以来。今場所の十両以上の休場は横綱白鵬らを含めて4人目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報