東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

栃ノ心「離さない」 大関復帰まであと5勝

栃ノ心(右)が北勝富士を寄り切る

写真

◇大相撲夏場所<5日目>

 一人横綱の鶴竜は小結碧山を危なげなく寄り切って5連勝。

 大関は豪栄道が大栄翔に一方的に突き出され、2敗目を喫した。高安は千代大龍をはたき込んで白星先行。

 1場所での大関復帰が懸かる関脇栃ノ心は北勝富士を寄り切って5戦全勝。関脇逸ノ城は小結御嶽海の押しに屈して2勝3敗。御嶽海は3勝目を挙げた。鶴竜、栃ノ心、平幕の朝乃山の3人が全勝としている。

    ◇

 長く、太い栃ノ心の左腕がまわしをつかむ。立ち合いの直後、得意の左上手を取った時点でほぼ勝負は決した。「すぱっとね。絶対離さないと思った」。右下手もつかんで胸を合わせれば怪力を生かすだけ。北勝富士に何もさせないまま寄り切った。

 北勝富士も策は巡らせていた。右ののど輪で突き上げたが、栃ノ心の上体はびくともしない。左腕から遠ざかるように左に回り込んでも、踏み込みで勝った栃ノ心から逃れられなかった。「優勝したころのパワー、スピード、気迫を感じた」。先場所まで3場所連続で勝っていながら完敗した北勝富士の言葉が、栃ノ心の充実ぶりを物語る。

 昨年初場所の初優勝を足掛かりに昇進した大関から5場所で関脇に陥落。昇進直後の場所で右足親指を痛めるなどけがが相次いだ。まわしを取ろうと焦るあまり、立ち合いの踏み込みが鈍っていた。

 今場所は違う。「まわしにこだわるなと言っている。足が良くなって、前に出ているからまわしが取れている」と師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)。初日から毎日まわしをつかんで勝っている。

 関脇陥落の場所での2桁勝利で大関に戻れるという特例ができた1969年名古屋場所以降、陥落した20例のうち復帰したのは5例のみ。高いハードルの折り返し地点まで無傷で星を伸ばしてきた。

 5連勝でも、栃ノ心は「まだまだ」と星勘定をしていない。大関復帰もまわしと同じ。特別に意識せずとも、鋭い踏み込みを続ければ手に入る。自分と同じ新大関の場所で休場となった貴景勝に「治して頑張ればいい。強いからね」。気遣った言葉は、栃ノ心本人にも当てはまる。 (海老名徳馬)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報