東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高橋、失投見逃さず 3安打「打つべき球を打つだけ」

7回中日無死、高橋が大貫から左中間に二塁打を放つ=横浜で

写真

◆中日3−2DeNA

 中日が逃げ切った。1−1の七回に福田の左前打で勝ち越し、八回は平田のソロで加点した。ロメロは7回1失点で3勝目、鈴木博は12セーブ目。DeNAは5安打で、九回の好機も1点止まり。7回2失点の大貫が2敗目。

 ◇ 

 追いつかれ、何としても次の1点が欲しい七回。中日の5番を打つ高橋は先頭打者として求められる役割をはっきりと自覚していた。「塁に出る」

 迷いのないスイングで左中間へ鋭いライナーを飛ばし、二塁へ滑り込む。阿部の遊ゴロの間に三塁へ。続く福田の左前打で本塁を踏むと、ベンチ前で出迎えた先発ロメロとハイタッチをかわした。

 高橋が捉えたのは、打者の手元で小さく変化して凡打を誘うツーシーム。「外角に浮いてきていたから」という言葉に、思い通りの打撃をした充実感が混じる。DeNA先発の大貫が得意とする球とはいえ、全てが厳しいコースにくるわけではない。数少ない失投を仕留めてみせた。

 福田の適時打も2ボールからツーシームを狙った。詰まったが振り切った分、浅い飛球は左前に弾んだ。村上打撃コーチは「ツーシームを見逃してしまうと苦しくなる。相手の得意球でも狙わないと。今日はみんながやるべきことをやってくれた」と選手をたたえた。

 新人の大貫とはオープン戦で一度対戦した。4回無失点、被安打3の好投を許した。この日も六回まで3安打。高橋は二回に左翼へ二塁打を放ったが、1死一、三塁から挟殺プレーでアウトになり、攻撃の芽をつぶしていた。一筋縄ではいかなかったが、最後に借りを返した。

 接戦をいかに拾っていくか。与田監督は「もっと早く点を取って投手を楽にしてあげたかったが、その中で競り勝てて良かった」と1勝をかみしめる。この日3安打の主将は「打つべき球を打つだけ」と力を込めた。 (浅井貴司)

<中日、松坂にペナルティー> 中日の加藤宏幸球団代表は16日、右肩痛からの復帰を目指す松坂大輔投手が今月の練習日に千葉県内でゴルフをしたとして、ペナルティーを与えたことを明らかにした。本人から14日に報告と謝罪を受けたという。加藤代表は横浜スタジアムで「(処分の)中身は言えないが、本人は自覚が足りなかったと言っていたし反省していた」と話した。松坂はゴルフ中の様子を写真週刊誌「フライデー」に撮影され、記事が掲載される予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報