東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

今永、エースの自戒 5勝目も7回投げきれず

7回途中3失点で5勝目を挙げたDeNA・今永=神宮で

写真

◇DeNA4−3ヤクルト

 DeNAは三回に神里、宮崎、ソトの3者連続の適時二塁打で3点を先制し、四回にロペスのソロで加点した。今永は七回途中3失点でリーグトップに並ぶ5勝目。救援陣が踏ん張り逃げ切った。ヤクルトは3連敗で3位に転落した。

 ◇ 

 リーグトップに並ぶ5勝目を手にしても、DeNAの今永の表情は険しかった。「カードの頭だったので、7回以上は投げきりたかった。出塁させる機会が多く、攻撃のリズムをつくれなかった」。七回途中3失点。先発の役目を果たしたが、リリーフ陣に感謝しきりだった。

 「今年一番良かった」という直球を軸にストライクゾーンで積極的に勝負した。六回までは青木のソロによる1失点。だが、疲れの見え始めた七回、青木の適時内野安打などで1点差に詰め寄られ、降板を余儀なくされた。

 左腕は「強引になってしまった。もったいなかった」と反省の弁を述べたが、ラミレス監督は「エースらしい活躍をしてくれた」とねぎらう。今季、7回を投げきれなかったのは8度目の登板で初めてのこと。抜群の安定感で先発投手陣を支える。

 勝利数、防御率に加えて、奪三振数でもリーグ1位に躍り出た。今永は「もちろん自信にしたい」と言う一方で「調子の良いときこそ、慎重にいかないといけない」と戒めることも忘れない。

 混戦模様のペナント争いで、これ以上の後れを取るわけにはいかない。最下位に沈むチームで開幕から孤軍奮闘する25歳に周囲が奮起し、続けるか。

  (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報