東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、右前ヒット 前日右手に死球 先発出場

ツインズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】21日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのツインズ戦に「3番・指名打者」で先発出場し、六回に3試合ぶりの安打となる右前打を放った。

 20日の同戦で八回の打席で投球が右手薬指を直撃したが、エックス線検査の結果、骨には異常がなかった。エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は「状態は良くなっている」とコメントを公表した。

 ◇ 

 投球が右手薬指を直撃したエンゼルスの大谷は、一夜明けた試合に先発出場した。注目の第1打席は遊ゴロだったが、六回にピネダの変化球を右前に打ち返した。

 オースマス監督によると、当初予定していたチームドクターの診察も受けていないという。「昨夜は少し(指の)色が変わっていた。話をして大丈夫と言っていた」と説明した。試合前はグラウンドでの練習は行わなかったが、開始直前のベンチではナインとリラックスした表情で過ごしていた。 (アナハイム・共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報