東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

好調、大瀬良91球完投 五回まで走者出さず 広島9連勝

5回まで中日打線をパーフェクトに抑える広島先発の大瀬良=マツダで

写真

◇広島3−1中日

 広島が連勝を2シーズンぶりの9に伸ばした。大瀬良は91球で1点に抑え、今季3度目の完投で4勝目。二回に失策で先制し、五回は会沢が2ランで援護した。中日は今季最多の借金6。五回までは無安打に抑え込まれ、後手に回った。

     ◇

 エースが快刀乱麻の投球で、チームを2017年9月以来の9連勝に導いた。広島の大瀬良は立ち上がりから切れ、球威ともに抜群で、3安打1失点の完投勝利。「マウンドに上がる以上は最後まで投げたい。先発として投げ切るのは最高の形」と破顔した。

 前回登板からシュート回転した直球を修正して臨んだ。「調子が良かった」と二回の4番ビシエドから6者連続で空振り三振を奪うなど、五回まで走者を出さない完璧な投球。91球で、高橋の二塁打による最少失点にまとめた。

 たゆまぬ探究心で好調を維持する。日頃は黒田博樹氏や前田健太に倣って始めた冷温交代浴で疲労除去。16年に右肘を痛めてからは「知識を取り入れてやっていかないといけない」とトレーナーに話を聞き、遠征先でも書店をのぞいた。シーズン中も調整法の変更を恐れず「体と相談してやっている。(疲れの)振れ幅が少なくなったなと思う」と最良のパフォーマンスにつなげている。

 今季中日戦の全3試合で完投勝利と無類の強さを発揮。今季本拠地最多3万2137人の大歓声をお立ち台で独り占めし、鈴木と西川にウオーターシャワーで祝福された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報