東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中日・勝野、プロ初勝利 鬼門の神宮で攻めた

プロ初勝利を挙げ、ファンの声援に応える中日・勝野=神宮で

写真

◇中日6−1ヤクルト

 中日は三回にビシエドの中前打、高橋の二塁打で2点を先制した。高橋は五、七回も適時打を打ち、3打点。勝野は直球で押し、6回2/3をバレンティンのソロ本塁打だけに抑えてプロ初勝利。ヤクルトは9連敗。4失策と守備も乱れた。

 ◇ 

 終盤の逆転劇を何度も許すなど、中日にとって鬼門となっていた神宮でうれしいプロ初勝利となった。ドラフト3位新人の勝野が6回2/3を1失点。17日の巨人戦は打球がベースに当たる不運な安打もあり、敗戦投手になったが2度目の登板で被安打3と好投した。「前回に続いて自分の投球ができたし、自分のボールをどんどん投げ込むことができて良かった」と手応えを語った。

 直球を軸にカーブやスライダーなどを使い、制球よく攻めた。二回1死一、二塁を併殺でしのぎ、失点はバレンティンのソロ本塁打のみ。三者凡退を3度奪うなどリズムよく投げた。与田監督も「素晴らしかった。直球の威力もあるし、制球もある程度しっかりしていた」と評価した。

 社会人の三菱重工名古屋時代は昨年の日本選手権で最高殊勲選手に選ばれるなど十分な実績を持つ。厳しいプロの世界で記念すべき日を迎え「次も全力投球でチームを勝たせたい」と意気込んだ。試合後は両親にあげる予定のウイニングボールを手に取り、笑顔で報道陣からの写真撮影に応じる姿には初々しさがあった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報