東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷が投手練習 右手に投球直撃後初

試合前、キャッチボールするエンゼルス・大谷=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】エンゼルスの大谷翔平が24日、当地でのレンジャーズ戦前にキャッチボールで80球を投げ、20日の試合で右手薬指に投球が直撃してから初めて投手の練習を行った。距離は右肘のリハビリ開始後最長となる130フィート(約40メートル)となった。

 今季は打者に専念する大谷は、投手としては来季のマウンドを目指している。7日に打者でメジャー復帰後は週3回のキャッチボールをこなし、オースマス監督は18日から週4回に増やす方針を示していたが、21日からの3日間は行っていなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報