東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

さえるフォーク 巨人・山口6勝目 頭脳的に球種組み立て

◇巨人8−5日本ハム

 巨人は一回に阿部の2点二塁打などで3点を先制した。その後も丸の10号2ランや岡本の12号ソロなどで加点した。山口は8回を4安打2失点で6勝目。日本ハムは終盤に追い上げたが及ばず連勝が3で止まり、2位に転落した。

 ◇ 

 巨人の山口は序盤から大量点の援護にも恵まれ、9三振を奪うなど8回2失点で6勝目を挙げた。一、二回、ともに二塁打を浴びながらも得点を許さず切り抜けて波に乗った。「楽な展開で投げさせてもらった。初回から点を取ってもらって心強く投げられた」と打線に感謝した。

 得意のフォークボールがさえた。三回2死から近藤、中田、王柏融、渡辺とフォークボールを決め球に4者連続三振をマーク。七回に味方の失策が絡み、無死一、三塁とされて適時内野安打で1点を失ったが、後続を3人で断ち、踏みとどまった。

 捕手の小林とパ・リーグの打者の攻略法を話し合い、配球を工夫した。「真っすぐ、フォークボールのイメージが強いと思う」とスライダーなどの球種を意図的に挟み、頭脳的に組み立てた。

 今季は開幕4連勝と好スタートを切りながら5月は0勝に終わった。6月はこれで2連勝と再び調子を上げてきた。宮本投手総合コーチは「点差が開くと緊張感が抜けることもあるが、しっかりと八回まで投げてくれた。次に向けていい感じで終われた」と称賛した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報