東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

決勝は伊調×川井梨 57キロ級 レスリング・全日本選抜選手権

女子57キロ級初戦で花井瑛絵(右)を攻める伊調馨=駒沢体育館で

写真

 世界選手権(9月・カザフスタン)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権第3日は15日、東京・駒沢体育館で行われ、女子の57キロ級は五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK)と2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)がともに1次リーグ、準決勝を突破し、16日の決勝に進んだ。

 50キロ級は昨年の世界選手権覇者の須崎優衣(早大)が昨年の全日本選手権優勝の入江ゆき(自衛隊)との初戦、準決勝を勝ち、リオ五輪48キロ級女王の登坂絵莉(東新住建)とともに決勝進出。53キロ級は向田真優と奥野春菜(以上至学館大)が決勝に勝ち上がった。

 男子のフリースタイル65キロ級は乙黒拓斗(山梨学院大)と樋口黎(日体大助手)、グレコローマンスタイル60キロ級は文田健一郎(ミキハウス)と太田忍(ALSOK)が決勝で闘うことになった。

 女子62キロ級は川井友香子(至学館大)、男子のフリー57キロ級は高橋侑希(ALSOK)、グレコで67キロ級は高橋昭五(警視庁)、130キロ級は園田新(ALSOK)が昨年の全日本に続いて制し、日本協会の選考基準を満たして代表入りを決めた。

◆伊調、本調子には遠く

 実戦復帰から、わずか8カ月。伊調が東京五輪につながる世界選手権出場へ、あと1勝にこぎ着けた。ただ、この日の試合内容からは、決して楽観視はできそうにない。

 19歳を相手にした準決勝。同点で迎えた後半の残り1分半、一瞬の隙をつかれ、足を取られた。本来の伊調なら、横に回り込んで逃げるか、逆に相手の背後に回ってカウンターを仕掛けるはず。だが、こらえられずにあっけなく倒され、勝ち越された。

 直後の反撃で辛くも白星を拾ったが「前半にもう少し(得点を)取っていれば違う展開に持って行けた」と淡々と振り返った。

 3位だった4月のアジア選手権。準決勝で北朝鮮の若手に不覚を取った。所属先の大橋監督には「エンジンがかかる前に勝負がついちゃった」と漏らした。前半から積極的に攻められない。この日の1次リーグの2戦目でも、技による得点を奪えないまま後半を迎え、残り2分を切ったところであわやフォール負けを喫する場面があった。準決勝も含め、接戦になってしまった要因は明確だ。

 決勝の相手は昨年末の全日本選手権と同じ世界女王の川井梨。「あとは自分が勇気を持てるかどうかだけ」。試合の序盤が、鍵を握ることになりそうだ。 (多園尚樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報