東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

代打・陽岱鋼でG首位 八回、勝ち越し二塁打

8回巨人1死二塁、陽岱鋼が右越えに勝ち越し二塁打=東京ドームで

写真

◇巨人4−3オリックス

 巨人が3連勝で首位に浮上した。3−3に追い付かれた八回、代打陽岱鋼の適時二塁打で1点を勝ち越した。5番手で登板した田原が2勝目を挙げ、中川が8セーブ目。オリックスは終盤に打線が粘ったが、連勝は3で止まった。

   ◇

 八回、2点リードを追いつかれた直後に築いた1死二塁の勝ち越し機。代打で登場した巨人の陽岱鋼は「初球から打ちにいこうと決めていた」という。決意のままにオリックスの海田の外角直球をたたくと、打球は右翼手の頭上を越えた。決勝の二塁打に「本当に打てて良かった」と二塁塁上で拳を突き上げた。

 序盤から理想的な展開だった。試合前時点で12球団トップの防御率1・63をマークしていた相手の先発山本から一回に丸の一発で2点を先制し、三回にも岡本のソロで突き放した。先発の今村は6回1失点の好投。後は逃げ切るだけだったが、八回に救援陣がこらえ切れずに同点に。原監督が「私のミス」と悔いた継投失敗も陽岱鋼が一振りで払拭(ふっしょく)した。

 今季は開幕当初こそ「5番・右翼」で先発していたが、最近は途中出場も珍しくない。それでも「いろいろ考えて、納得いく練習をしている」。怠らなかった周到な準備が実を結んだ一打。持ち味の右方向への強い打球で試合を決め、指揮官も「彼の良いところが一振りで出た」とチームをリーグ首位へと導く殊勲打をたたえた。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報