東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「セメンヤは生物学的に男」 国際陸連が見解

 【ローザンヌ(スイス)=共同】女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が男性ホルモンのテストステロン値が高い女子選手の出場資格を制限する国際陸連(IAAF)の新規定撤回を求めた問題で、同陸連がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に対してセメンヤは生物学的に男性との見解を示していたと18日、AP通信や英紙タイムズが報じた。

 CASは同日、セメンヤの提訴を退けた裁定書を公開。先天的にテストステロン値が高いとされる同選手は「非常に傷ついた」などと反論した。

 ロイター通信によると、IAAF側は「ジェンダーとしては女性だが、生物学的には男性」と言える性分化上の特質を持つ選手の扱いについて言及していた。

 セメンヤはCASの裁定を不服としてスイスの連邦最高裁判所に上訴。同最高裁は結論が出るまで同値を下げる処置を受けずに800メートルに出場できるとの判断を下している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報