東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本8強ならず エクアドルとドロー サッカー・南米選手権

日本−エクアドル 前半、先制ゴールを決める中島=ベロオリゾンテで(ロイター・共同)

写真

 【ベロオリゾンテ(ブラジル)=共同】南米選手権第11日は24日、ブラジルのベロオリゾンテなどで1次リーグC組第3戦の2試合が行われ、日本はエクアドルと1−1で引き分け、2分け1敗の勝ち点2で同組3位に終わり、初の8強入りを逃した。

 勝てば準々決勝進出だった日本は前半15分に中島(アルドハイル)のゴールで先制したが、同35分に失点。後半にも好機はあったが、勝ち越すことはできなかった。

 ウルグアイはチリを1−0で破り、勝ち点7の同組1位、チリは同6の2位で8強入りした。

 大会は12チームが3組に分かれて1次リーグが行われ、各組2位までと3位の成績上位2チームが準々決勝に進む。日本はB組3位のパラグアイと勝ち点で並んだが、得失点差で及ばなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報