東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、マウンド「懐かしい感じ」 手術後初の投球練習

ブルペンで右肘手術後に初めて投球練習する米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】エンゼルスの大谷翔平が26日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムのブルペンに入り、昨年10月の右肘手術後に初めて投球練習を行った。これまでは平地でキャッチボールを行っていたが、傾斜の付いたマウンドから投げ「懐かしい感じはした。気持ちよく投げられた」と感想を話した。

 最長120フィート(約37メートル)の距離でキャッチボールを60球こなしてから、ブルペンに移動。捕手が立った状態で21球を投げると、座ってから軽めに22球を投じた。力の入れ具合については「50パーセントくらい」と説明した。

 次回は29日にブルペン入りする見込み。今季中の投手復帰については「ないと思う」とし、来季の先発ローテーション入りへ「そこを目指して頑張りたい」と改めて目標を語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報