東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

救援任せろ 石田存在感 ベイ5割復帰

阪神に勝利し、タッチを交わし喜ぶDeNA・石田(右端)=横浜で

写真

◇DeNA7−2阪神

 DeNAが4カード続けて3連戦勝ち越し。勝率を5割に戻した。2−2の三回に筒香の適時打でリードし、五回はソト、六回には戸柱が一発で加点。大貫は5回2失点で1カ月ぶりの4勝目。阪神は投打がかみ合わなかった。

 立ち上がりから両先発が安定せず、流れは行ったり来たり。気まぐれな勝利の女神をDeNAに振り向かせたのは石田だった。六回から2番手で登板し、3回無失点。昨季まで2年連続開幕投手を務めた左腕は「自分の理想の球が投げられている」と新たな仕事場で輝いている。

 力感のないフォームから繰り出される最速150キロを計測した直球とフォークのコンビネーションが抜群だった。六、七回は三者凡退。八回は1死から大山に左前打を許したが、続くマルテを併殺に仕留め「一人一人と戦って抑えられた」とうなずいた。

 前日3日は延長十一回を戦い、計7投手をつぎ込んだ。特にエスコバーはリーグ戦再開から5連投だった。九回こそ国吉に託したが、3投手で1試合をまかない「中継ぎ陣を休ますことができて良かった」と石田。2位広島に0・5ゲーム差と迫る原動力となった快投に、ラミレス監督も「すごく大きかった」と目尻を下げた。

  (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報