東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

錦織、4年連続3回戦進出 ウィンブルドン

男子シングルス2回戦でキャメロン・ノリー(右)をストレートで下し握手を交わす錦織圭=ウィンブルドンで(共同)

写真

 【ウィンブルドン=共同】ウィンブルドン選手権第4日は4日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス2回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング55位のキャメロン・ノリー(英国)を6−4、6−4、6−0で下し、4年連続で3回戦に進んだ。次は世界71位のスティーブ・ジョンソン(米国)と対戦する。

 女子ダブルス1回戦で2017年大会4強の二宮真琴(橋本総業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組はモニカ・プイグ(プエルトリコ)シェルビー・ロジャース(米国)組に4−6、6−1、9−7で逆転勝ちした。青山修子(近藤乳業)アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)組はケイトリン・クリスチャン(米国)ダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)組を7−6、7−6で下した。

 女子シングルス2回戦で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)は順当に勝ち、3回戦に進んだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報