東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

錦織「反省点ない」 快勝で3回戦進出 テニス・ウィンブルドン

男子シングルスで3回戦進出を決めた錦織圭=ウィンブルドンで(共同)

写真

 4日の男子シングルス2回戦で快勝した錦織。2試合連続で1セットも落とさない無傷の戦いぶりに、自然と冗舌になった。「反省点があまりないぐらい全部のプレーが良かった」。センターコートに響く地元英国勢への声援もどこ吹く風。高い技術で相手の弱みを突き、悠々と攻略した。

 23歳のノリーとは過去に何度も練習し「初対戦の割にすべきことは頭に入っていた」と錦織。身長188センチで体付近への球さばきに弱点を持つ相手に対し、正面を突く返球でラリーの主導権を握った。

 第1セット、4−4の第9ゲームも相手の足元への正確な返球でブレークにつなげた。ノリーも「信じられないほどのリターンだった。自分のサーブに対してあれほどの返球をした選手は初めて」と舌を巻く、正確無比なリターン技術だった。

 尻上がりに調子を上げ、第3セットは鮮やかなロブなど多彩なショットで1ゲームも落とさず圧倒。「今までの経験や慣れが助けになっている」と昨年8強でつかんだ自信が表情にもみなぎり、順風満帆に3回戦へ進んだ。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報