東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

連敗 泥沼コイ 貯金14消滅

9回、田中広(手前)の空振り三振で試合終了となり、さえない表情の広島・緒方監督(右端)=甲子園で

写真

◇阪神3−1広島

 阪神が競り勝った。岩田は辛抱強く6回1失点で3勝目、広島戦は5季ぶりの白星。0−1の五回にマルテの一発で追い付き、六回は糸井が勝ち越しの2点二塁打を放った。

 ◇ 

 攻守にもろさが目立ち、昨季までの強さが戻ってこない。広島は今季ワーストの6連敗(1分け挟む)で、最大で14あった貯金もはき出した。6回3失点で自身4連敗となった大瀬良は「みんな、必死にやっている中で力になりたかった。申し訳ない」と落胆した。

 1−1の六回。先頭の近本に初球をバント安打とされ、続く糸原の一前への送りバントを巡って、大瀬良は一塁手のメヒアとぶつかってしまい「連係ミス。もったいなかった」。無死一、二塁とされて、糸井に勝ち越しの2点二塁打を許した。

 攻撃陣もリーグ3連覇を支えた反発力が見られない。六〜八回は得点圏に走者を置いたが、無得点。10戦連続3得点以下に抑えられ、打順を試行錯誤する緒方監督は「点にならないから、しっくり来ない」と嘆く。首位巨人とは7ゲーム差に開いたが、5月に驚異的な快進撃を演じた底力を大瀬良は信じる。「みんなで打破して、カープらしい野球をできるようにしたい」との言葉に力がこもった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報