東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

朝乃山、豪栄圧倒 きょう白鵬戦「思い切って」

朝乃山(右)が寄り切りで豪栄道を破る

写真

◇名古屋場所<初日>

 両横綱はともに新小結の挑戦を退け、白星スタートを切った。全休明けの白鵬は阿炎をはたき込みで仕留め、鶴竜は竜電を危なげなく寄り切った。

 先場所初優勝の朝乃山は大関豪栄道を2場所続けて力強く寄り切り。他の大関陣は高安が北勝富士を押し出したが、大関に復帰した栃ノ心は遠藤の上手出し投げに屈した。両関脇はそろって黒星。御嶽海は碧山にはたき込み、玉鷲は正代に突き落としで敗れた。

     ◇

 場所前から「挑戦者の気持ちで」と語っていたように、駆け引きのない潔さすら感じる立ち合いだった。朝乃山は先に土俵にこぶしを付け、見上げるように豪栄道が手を付けるのを待った。

 踏み込んで胸から体当たり。大関に下手を許したが構わず前に出た。「下がって負けるより、前に出て負けた方がこれからの相撲人生につながる」。その姿勢が大関を後退させた。相手の苦し紛れの下手投げを上手を取ってかわす。土俵際で相手が回り込もうとして距離が空いたが「休んだら負ける」。攻め手を緩めることなく右を差し、最後は腰をぶつけるようにして体ごと寄り切った。

 同じ大関を破り初優勝した翌場所の初日。その力が本物かどうか、試される一番だった。「自分の相撲が取れて良かった」。正面からぶつかり、正攻法で大関を破ってみせた。「自信をつけている感じがある。今場所もと、期待を持たせる相撲」と八角理事長(元横綱北勝海)も賛辞を惜しまなかった。

 高砂部屋の部屋付きの若松親方(元幕内朝乃若)は「稽古に対して貪欲になってきた」とみる。先場所の千秋楽の翌日から行事がめじろ押しとなり、満足に体を動かすこともできない日も多かった。そのため、合間を見つけては自ら稽古の時間を捻出した。6月18日に母校・近大でパレードが開かれた後も大阪に残り、翌日に4年間汗を流した道場に足を運び一人、四股やすり足などで汗を流したという。「稽古に飢えていたんじゃないですか」と若松親方。弟弟子の姿勢の変化を感じ取った。

 2日目は自身初めてとなる横綱戦が組まれ、白鵬と顔を合わせる。場所前には自ら出稽古に行き、肌を合わせた相手。「思い切っていくだけ」と朝乃山。真っ向勝負。第一人者にすべての力をぶつける。 (禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報