東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

柳の神髄 逆風に舞う 中日の連敗また止めた セ首位タイ9勝目

トップタイの9勝目を挙げた柳=ナゴヤドームで

写真

◇中日7−1ヤクルト

 中日が連敗を4で止めた。一回にビシエドの2点二塁打、堂上の3ラン、柳の適時二塁打と打者10人で6点。柳は8回1失点でリーグ最多タイの9勝目。山田哲が先頭打者本塁打を打ったヤクルトは高梨が崩れ、連勝が4で途切れた。

    ◇

 波に乗る男は不調をはねのけた。中日の柳は四回を除いて毎回の8安打を許したが、直球を軸に8三振を奪って8回1失点。一回は自ら適時二塁打も打つなど投打に貢献し、リーグ最多タイの9勝目を挙げた。今季の投球回も100を超え、安定感を維持する柳は「けがなくマウンドに立てている証拠。ここまでしっかり投げられている」と胸を張った。

 試合前は変化球の調子が悪く、修正できずに臨んだ。一回は先頭の山田哲にカーブを捉えられ、右翼席へソロ本塁打を浴びた。「探り探り置きにいったカーブを打たれた」と反省した柳。この一打をきっかけに「気が引き締まった」と心の整理がついたという。その後は低めにボールを集め、点を与えなかった。

 6勝目はチームの連敗を5で、8勝目は3連敗、この日は4連敗で止めた。殊勲の活躍に与田監督は「柳が投げると打線の援護もなぜかあるが、精神的に強くなっている。成長してくれている」と目を細めた。7月のチーム初勝利に貢献した柳が存在感を示し続けている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報