東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

竜電、貫く自然体 新三役 大関戦連勝

竜電(左)が上手出し投げで栃ノ心を破る

写真

◇大相撲名古屋場所<3日目>

 2横綱は安泰。白鵬は北勝富士を上手ひねりで退け、鶴竜は先場所優勝の朝乃山を肩透かしで仕留めた。ともに3連勝と好発進。朝乃山は2連敗となった。

 大関陣は復帰の栃ノ心が新小結竜電の上手出し投げに屈し、元気なく3連敗。豪栄道は碧山を押し出し、高安は遠藤を突き落として白星を先行させた。

 関脇同士の対決は御嶽海が玉鷲を押し出して2勝目。新小結阿炎は初白星を挙げた。

      ◇

 期待の新三役が充実の相撲を披露している。竜電は取り直しの末に大関高安に土をつけた前日に続き、この日も大関に返り咲いた栃ノ心を破った。初日から大関以上との対戦が続く小結の地位で白星先行。三役の重圧も「あんまり気にせずに。挑戦者なんで」。自然体で、堂々と看板力士としての土俵を務める。

 かち上げ気味に当たってきた栃ノ心の立ち合いを、低い姿勢で踏み込んで受け止めた。右が入ると、左上手もいい位置で奪う。「しっかり当たれたんで、いい形になれた」。身長190センチの大きな体をかがめて、大関の胸に頭をつける。低い姿勢を保ち、腰を引いて上手は許さない。左から出し投げで少しずつ崩し、最後は前まわしをつかんだ右からもひねるように、上手出し投げで仕留めた。豊富な稽古量からくる持ち味の粘りと、相撲のうまさが光った。

 派手さのない、木訥(ぼくとつ)とした好青年。だから、言葉にも飾りがない。2日連続での大関撃破に「正直、うれしいですね」と話し、すぐに「これからもしっかり基礎(の稽古)をやって、上を目指していきたい」と続けた。浮かれたところがまったくないのも頼もしい。初顔合わせとなる翌日の白鵬戦については「いつも通りです」と表情を変えずに語った。一通り報道陣の質問に答えると「すみません、あんまり(うまく)しゃべれないんで」と笑う。土俵で貫く自然体は、支度部屋でも変わらない。

 高安と同じ1990年生まれの28歳。2006年春場所での初土俵は、栃ノ心と同期。これまで差をつけられていた大関2人に勝った。「長く相撲を取りたいんで、上を目指したい」。ここからが自分の番。まずは三役定着へ、好スタートを切った。 (平松功嗣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報