東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

気合の朝乃山が圧勝 先場所は物言い、栃ノ心戦

朝乃山(左)が寄り切りで栃ノ心を破る

写真

◇大相撲名古屋場所<5日目>

 両横綱はともに5戦全勝。白鵬は遠藤を小手投げで退け、鶴竜は碧山を上手出し投げで仕留めた。

 大関陣は今場所から復帰した栃ノ心が朝乃山に寄り切られ、元気なく5連敗を喫した。朝乃山は2勝目。高安は新小結阿炎を押し出して1敗を守り、豪栄道は新小結竜電を寄り切って白星を先行させた。関脇御嶽海は北勝富士にはたき込まれて2敗目。

 全勝は鶴竜、白鵬と平幕の友風、照強の4人。

     ◇

 得意の左上手を引き、どっしりと腰を落として寄り切った。どちらが大関かわからないほどの勝ちっぷりが、朝乃山のスケールの大きさを際立たせる。怪力で鳴らす栃ノ心に何もさせない快勝に「今日みたいな相撲を伸ばしていけばまた幅が広がって白星を取れるんじゃないか」。成長を見通す言葉に手応えの大きさがにじんだ。

 因縁の相手だった。先場所は物言いがつき、6分を超える協議の末に差し違えで白星を拾った。わだかまりが「一生残るんじゃないか」とまで気にしていただけに「今回は物言いがつかない相撲を取ろう」。いつにも増して入っていた気合をぶつけた。

 あまり見せない頭から当たる立ち合いで大関をのけぞらせる。苦しい栃ノ心は、左手で頭を巻き込みながら右からすくい投げに出た。土俵際でもつれた先場所と同じ形の投げを、今度は余裕を持ってこらえた。「体が反応して、攻めることもできた」と朝乃山。一気に攻め込み、文句のつけようがない白星を挙げた。

 横綱、大関と当たり続けた序盤の5日間で2勝3敗。初挑戦だった両横綱には完敗したが、初日の豪栄道に続いて大関を倒した。土俵下で見守った藤島審判長(元大関武双山)は「上等でしょう。2番勝ったのは自信になるのでは」と評価した。

 「力を出し切ったつもり」という5日間で、先場所の平幕優勝は決してまぐれではなかったと印象づけた。持ち味の右四つからの攻めは、上位陣とも渡り合えるだけの力を秘める。

 大関以上との対戦を終え、残る10日間は「自分の体を生かした相撲で、前に前に攻めていきたい」。重圧から解放されて調子が上がれば、中盤戦から先場所のような快進撃を見せてもおかしくない。 (海老名徳馬)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報