東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ハレプ初V セリーナに6−2、6−2 テニス・ウィンブルドン

女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズに勝利し喜ぶシモナ・ハレプ=ウィンブルドンで(AP・共同)

写真

 【ウィンブルドン=共同】四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第12日は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス決勝は第7シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第11シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6−2、6−2で下し、初優勝を果たした。ウィンブルドンでルーマニア勢のシングルス制覇は男女を通じて初めて。

 27歳のハレプは四大大会で昨年の全仏オープンに続く2勝目で、優勝賞金235万ポンド(約3億2000万円)を獲得した。

 37歳のS・ウィリアムズは8度目の制覇と四大大会でマーガレット・コート(オーストラリア)に並ぶ歴代最多24勝目を逃した。

◆56分で決着「最高のプレー」

 27歳にしてようやく「芝を愛している」と言えたハレプは、最初から最後まで走り回った。ウィンブルドン7度優勝のS・ウィリアムズをわずか56分で圧倒。ルーマニア勢初制覇を果たすとコートに膝をつき「最高のプレーだった。この瞬間のために努力してきた」と、満面の笑みで喜びを表現した。

 ルーマニアの黒海沿岸、コンスタンツァ出身。ビーチで多くの時間を割き、トレーニングに励んで鍛えられた持ち前の強い足腰が生きた。

 第1セット、強打に食らいつき続ける粘り強さで強敵を根負けさせて冒頭から4ゲームを連取。主導権を握ってこのセットを奪うと、第2セットも勢いは衰えなかった。2−2の第5ゲームで相手サーブの15−40の場面はバック側に大きく振られたが、走りながら体を伸ばして返球。ミスを誘ってブレークにつなげ、勝利へ突き進んだ。

 足が滑りやすく苦手だった芝に慣れ「プレーの感覚をつかめた」とこの日はミスが3本のみと完成度の高さを見せた。少女時代に「テニスで何かを成し遂げたいなら、ウィンブルドンの決勝にこないといけない」と説いてくれた母の夢をかなえ、万感の思いで女王となった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報