東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

40歳・安美錦が引退 元関脇、関取在位1位

安美錦

写真

 大相撲の元関脇で西十両十一枚目の安美錦(40)=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が名古屋場所十日目の十六日、引退することが決まった。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が明らかにした。同日中に日本相撲協会に引退届を提出する。関係者によると、今後は年寄「安治川」を襲名し、後進を指導する見通し。

 関取最年長の安美錦は名古屋場所二日目の八日に右膝の古傷を悪化させて三日目から休場。その後は再出場せず、九月の秋場所での幕下転落が確実となっていた。名古屋場所では魁皇と並んで史上一位の関取在位百十七場所だった。

 安美錦は名古屋市瑞穂区の伊勢ケ浜部屋で「勝ち越しが消えて、気持ちも消えた。勝負をするために土俵に上がってきた。初めて今後のことを考えた。未練はない」とすっきりとした表情で話した。十四日に師匠に引退を申し出たという。

 伊勢ケ浜親方は「ここまでやったんだから本人が納得すればそれでいい。けがと向き合い、しっかり稽古をして長く相撲を取った。よく頑張った」とねぎらった。

 青森県出身の安美錦は鰺ケ沢高から入門し、一九九七年初場所で初土俵。まわしを取って頭をつけるなど技巧派で鳴らし、二〇〇〇年名古屋場所で新入幕、〇七年秋場所では新関脇に昇進した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報