東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ジョコビッチが5度目V テニス・ウィンブルドン

男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーに勝利したノバク・ジョコビッチ=ウィンブルドンで(共同)

写真

 【ウィンブルドン=共同】四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に7−6、1−6、7−6、4−6、13−12で勝ち、2年連続5度目の優勝を果たした。

 32歳のジョコビッチは四大大会で今年の全豪オープンに続く通算16個目のタイトルとなり、優勝賞金235万ポンド(約3億2000万円)を獲得した。試合時間は4時間57分で同種目決勝の最長記録。

 37歳のフェデラーは女子のマルチナ・ナブラチロワ(米国)に並ぶ最多9度目の優勝とオープン化以降の四大大会最年長制覇はならなかった。

 ウィンブルドンは今年から最終セットで12−12となった場合に7点先取のタイブレークが導入され、シングルスでは決勝で初めて適用された。

◆2度の苦境 精神力で打開

 フェデラーに最終セットでマッチポイントを2度握られたが、ジョコビッチは驚異的な精神力で苦境を打開した。男子シングルス決勝で最長4時間57分の死闘を制すと恒例の芝を食べるパフォーマンスを見せ「歴史に残る選手とこんな試合をできて誇りに思う」と1番を表す右手人さし指を天に掲げた。

 聖地のセンターコートは「ロジャー、ロジャー」の大合唱が何度も起きた。男子で最多8度優勝を誇る芝の王者と相対し「観客がああなるのは分かっていた。落ち着く必要があった」と忍耐強かった。勝負どころで高い集中力を発揮し、タイブレークを全て奪取した。

 最終セットは今年導入された12−12からのタイブレークでプレーのギアを上げ、高い精度のリターンや敵陣深くに打ち込むショットで重圧をかけ続けた。3度のタイブレークではミスがなく「重要な場面で最高のゲームができた」と自賛した。

 試合前は頭の中でプレーする姿を思い浮かべ「可能な限りのシナリオを準備し、いつも自分が勝つことをイメージしている」と言う。総ポイントやウイナー(決定打)の数で劣ったが、世界ランキング1位の底力で小差の戦いをものにした。 (共同)

<ノバク・ジョコビッチ(セルビア)> 08年に全豪オープンで四大大会初制覇。11年に全豪、ウィンブルドン選手権、全米オープンを制し、7月に初の世界ランキング1位に就いた。16年に全仏オープンで初優勝し、史上8人目の四大大会全制覇。18年に右肘を手術したが、同年のウィンブルドンから今年の全豪まで四大大会3連勝と復活した。188センチ、77キロ。32歳。 (共同)

◆出来には満足している

<ロジャー・フェデラーの話> 全てが詰まった試合だった。互いにチャンスはあったし、自分の出来には満足している。素晴らしいプレーをしたノバク(ジョコビッチ)を祝福したい。 (共同)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報