東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

松坂粘投 今季初先発 竜6連勝 サヨナラで3位浮上

阪神戦で今季初先発した中日・松坂=ナゴヤドームで

写真

◇中日3−2阪神

 中日は同点の九回1死満塁からアルモンテの押し出し四球でサヨナラ勝ちした。今季初の6連勝で順位は5位から阪神に並ぶ3位に浮上した。今季初登板の松坂は制球を乱しながらも5回2失点と粘った。救援の岡田が2勝目。阪神は打線が振るわず5連敗となった。

 走者を出してからが真骨頂だ。中日の松坂はピンチを背負っても常に冷静に打者と向き合う。同点の五回、1死から近本、糸原に連続で死球を与える。内野陣がマウンドに集まって呼吸を整えたところでスイッチを入れた。

 打席にはこの日、犠飛と適時二塁打で2打点の糸井。5球目の低めのカットボールを引っかけさせて一ゴロに打ち取る。続く4番の大山には外角への変化球を続けてフルカウント。慎重から一転、大胆に内角へ直球を投げ込み、浅い中飛で切り抜けた。要所を締める粘りを見せ、「ボールは良かった。久しぶりに試合の中で腕を振って投げられた」とうなずいた。

 150キロを超える直球はもうないが、長年の経験から身に付けた投球術がある。「今の僕は直球をどうよく見せるかを考えながら変化球を使っている」。マウンドに立ち続けるために、そのスタイルを受け入れた。

 慣れ親しんだ背番号18を付けた中日での2年目。春季キャンプでファンと接触して右肩を痛め、出遅れた。けがからのリハビリを乗り越え、後半戦2戦目でようやく訪れた今季初先発だった。

 5回2失点。被安打4、与えた四死球は四つ。「長いイニングを投げることができず申し訳ない。満足できる投球ではなかったが、チームの連勝を止めずに良かった」。自身に勝ち負けは付かなかったが、「平成の怪物」が令和初登板で刻んだ91球は、次の登板への足掛かりになる。 (荒木正親)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報