東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

5番・阿部3安打 竜7連勝 高橋離脱 一丸カバー

8回中日1死一、二塁、阿部は勝ち越しの中越え三塁打を放つ=豊橋で

写真

◇中日6−4阪神

 中日が4年ぶりの7連勝を飾った。4−4の八回1死一、二塁から阿部が中越えに2点三塁打を放って勝ち越した。救援のロドリゲスが来日初勝利で、岡田が5年ぶりのセーブ。阪神は藤川が打たれ、今季2度目の6連敗となった。

 阿部の打球が天高く上がる。同点の八回1死一、二塁。藤川の初球の直球を振り抜いた。「真っすぐを狙っていた。あとはバットに聞いてくれ、という感じで」。打球は中堅フェンスを直撃する2点適時三塁打。三塁上で右のこぶしを勢いよく振り上げた。

 終盤の勝ち越しの好機で、打順は5番に回ってきた。そこに前日まで座り続けた名前はない。攻守の軸だった主将の高橋が、前日の試合中に負った右手のけがで離脱。この日、代わりを任されたのが阿部だった。

 先頭で迎えた二回の第1打席は二塁打を放ち、同点のホームを踏んだ。四回も中前打。主軸の不在を補う3安打の活躍に「基本的に何も変えることはない。(高橋)周平の代わりはできないが、少しでもチームに貢献できればいい」と覚悟をにじませる。

 穴を埋めたのは、高橋に代わって三塁に入った堂上も同じ。四回に8号ソロを放つなど2安打。「自分の与えられたところで自分なりにやるしかない」と決意を口にする。

 高橋の離脱は痛手だ。それでも与田監督は「起きてしまったことは仕方がない。選手がいないわけではない。新たな競争が出てきたらいい」。2015年以来の7連勝。上昇の流れを、チーム一丸でつないでいく。 

  (荒木正親)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報