東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

乾、ソロFRも銅 世界水泳

ソロ・フリールーティン決勝で演技する乾友紀子=韓国・光州で(沢田将人撮影)

写真

 【光州(韓国)=共同】世界選手権第6日は17日、当地などで行われ、アーティスティックスイミング(AS)のソロ・フリールーティン(FR)決勝で乾友紀子(井村ク)が93・2000点で3位となり、2007年大会以降実施されているこの種目では日本勢で初めて表彰台に立った。

 チームFR予選の日本(乾、吉田、柳沢、塚本、安永、京極、木島、福村)は92・6667点の4位で19日の決勝へ進んだ。

 女子高飛び込み決勝で、荒井祭里(JSS宝塚)は321・45点の9位となり、東京五輪代表に決まった。男子3メートル板飛び込み予選は38歳の寺内健(ミキハウス)が395・80点の19位、坂井丞(ミキハウス)が28位で敗退し、今大会での同種目の東京五輪代表入りを逃した。2人はシンクロ板飛び込みで東京五輪の日本代表第1号となっている。

 水球男子の日本は1次リーグ第2戦でイタリアに7−9で惜敗した。

◆眼光鋭く表現力キラリ

 磨いた表現力が光った。エース乾がテクニカルルーティン(TR)に続き、フリールーティン(FR)でも表彰台に立った。FRが独立して採用された2007年大会以降でのメダルは日本勢として初。5位、5位、4位と過去3大会で自ら残した成績を上回った。

 男性に裏切られた女性が憎悪の念に駆られ、荒れ狂うというストーリー性を重視。井村ヘッドコーチは「物語に入ってお芝居をしなさい」と熱を込めて指導してきた。力が入りすぎた予選から修正して臨んだ決勝。素早い手脚の動きに技術力を凝縮させ、鋭い目つきや情感たっぷりな表情で演じきった。

 井村ヘッドコーチは「歴代の中で指で数えられるくらいのソリスト」と称賛した。

 乾は「夢や目標だったソロのメダリストになることと、時間をかけて育てていただいた恩返しができて良かった」と喜んだ。 (光州・磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報