東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬の壁 土俵引き締め

白鵬(左)が寄り切りで御嶽海を下す

写真

◇大相撲名古屋場所<12日目>

 横綱鶴竜は平幕の千代大龍を鮮やかな裾払いで下し、初日から無傷の12連勝として単独首位を守った。

 横綱白鵬は両上手を引いて関脇御嶽海を寄り切り、ただ一人の1敗を維持した。御嶽海は5敗目。平幕の友風は逸ノ城に寄り切られて3敗に後退した。勝ちっ放しの鶴竜を1敗で白鵬が追い、2敗は平幕照強だけとなった。十両は剣翔が2敗をキープし、単独トップを守った。

   ◇

 手つき不十分で不成立となった1度目の立ち合いで白鵬は、低く鋭く踏み込み、御嶽海をおじけづかせた。仕切り直しにはなったが、「(速さに)ビビった」と御嶽海に言わしめた。2度目の立ち合いで踏み込ませなかった。

 今度はもろ差しを許したが、出足を鈍らせた分、左上手を奪うには十分な余裕があった。それでも相手が有利の体勢。無理には仕掛けなかった。土俵中央で膠着(こうちゃく)状態となった中、12センチ高い身長差も巧みに利用。あごを御嶽海の右肩に乗せ覆いかぶさるようにして体重をかける。頭を胸に付け前傾姿勢になりたかった相手をのけぞらせ、まわしをひきつけることを許さなかった。

 「落とし穴(にはまること)なくゆっくり攻められた」と横綱。右上手も引くと、両腕を絞り込んで御嶽海の攻め手を封じた後、じりじりと土俵際までにじり寄りそのまま寄り切った。「攻められなかった」。御嶽海は白旗をあげるしかなかった。

 「若手の壁になる」と常々、語っている。今場所は9日目に逸ノ城に不覚を取った。それでも阿炎と竜電の新三役、先場所優勝の朝乃山は寄せつけず、格の違いを見せつけた。4大関休場という昭和以降では初めてとなる異常事態の中、土俵の雰囲気が緩まないのも、白鵬と鶴竜の2横綱が白星を重ねているから。幕尻の照強も2敗を維持し2人を追い掛けてはいても、優勝争いは両横綱による一騎打ちの様相を呈している。

 休場明けながら第一人者として健在ぶりを印象づけている。「今のところは(責任を)果たせている。でもあと3日あるから」。43度目の優勝に向け、集中力を研ぎ澄ませている。 (禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報