東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「Rikako あきらめないで」 100バタ、メダリストがエール

写真

 白血病で闘病中の競泳女子の池江璃花子(19)=ルネサンス=に対し、世界の水泳仲間がエールを送る一幕があった。池江が得意とする女子100メートルバタフライでメダルを獲得した3選手が表彰式で、ハートマークや「あきらめないで」とのメッセージを書いた手のひらを披露。それぞれ「Rikako」「Ikee」「NEVER GIVE UP」と記した。

 リオデジャネイロ五輪女王で今大会銀メダルのサラ・ショーストロム(スウェーデン)=写真(右)=が提案したという。池江が「一番尊敬している選手」と語っていた存在で、一緒に合宿した経験も。2月に池江が白血病を公表した際には、ショーストロムが自身のインスタグラムに池江と泳いでいる写真を添え、「全てのパワーと愛を送りたい」などと投稿したこともある。 (磯部旭弘、写真は沢田将人撮影)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報