東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

松元、日本新で銀 男子200自初 世界水泳

男子200メートル自由形決勝で力泳する松元克央=韓国・光州で(沢田将人撮影)

写真

 【光州(韓国)=共同】世界選手権第12日は23日、当地で行われ、男子200メートル自由形で松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒22の日本新記録で銀メダルを獲得した。五輪、世界選手権を通じてこの種目では日本勢初の表彰台で、今大会の日本競泳陣のメダル第1号となった。

 松元は萩野公介(ブリヂストン)が2014年9月に作った記録を0秒01上回った。

 女子100メートル平泳ぎの青木玲緒樹(ミズノ)は1分6秒40で4位だった。100メートル背泳ぎで、男子は入江陵介(イトマン東進)が53秒22、女子は18歳の酒井夏海(スウィン美園)が59秒56で、いずれも6位だった。

 準決勝では男子200メートルバタフライの瀬戸大也(ANA)が全体3位、女子200メートル自由形の白井璃緒(東洋大)が8位となり、そろって24日の決勝へ進んだ。女子200メートル自由形の五十嵐千尋(T&G)と男子50メートル平泳ぎの小関也朱篤(ミキハウス)は落選した。

 水球男子の日本は9〜12位決定予備戦でモンテネグロに7−14で敗れた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報