東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

瀬戸貫禄 200バタ銀 終盤加速、自己ベスト 世界水泳

男子200メートルバタフライ決勝で2位となり、メダルを手に笑顔を見せる瀬戸大也(左)。右は優勝したミラク=韓国・光州で(沢田将人撮影)

写真

 【光州(韓国)=共同】世界選手権第13日は24日、当地で行われ、競泳男子200メートルバタフライ決勝で瀬戸大也(ANA)が1分53秒86で銀メダルを獲得した。今大会の競泳で日本勢のメダルは2個目。クリシュトフ・ミラク(ハンガリー)が1分50秒73の世界新記録で勝った。

 女子200メートル自由形の白井璃緒(東洋大)は1分57秒14で8位だった。

 準決勝は、男子200メートル個人メドレーで瀬戸が1分57秒10の全体3位となり、25日の決勝へ進んだ。男子100メートル自由形の中村克(イトマン東進)は10位、塩浦慎理(イトマン東進)は13位、女子200メートルバタフライの長谷川涼香(東京ドーム)は10位、牧野紘子(東京ドーム)は11位で、いずれも敗退した。

 東京五輪で新採用される混合400メートルメドレーリレーの予選で日本(酒井、小関、水沼、大本)は失格となり、今大会での五輪出場枠獲得を逃した。

◆「五輪メダル めちゃほしい」

 個人3種目にエントリーした瀬戸が、最初の決勝種目となった男子200メートルバタフライで貫禄を示した。自身初の1分53秒台となる1分53秒86で銀メダル。「完璧でした」と狙い通りのレース展開で、前回の銅メダルに続いて2大会連続で表彰台に上がった。

 隣を泳ぐミラクがハイペースで抜け出す中、積極的な姿勢は崩さず冷静に追った。4番手で迎えた残り50メートルでためていた力を解放。「ラスト25メートルが勝負だと思った。きつかったけど、焦らず泳ぎ切れた」と2人を抜き去った。

 昨年12月、25メートルプールで競う世界短水路選手権で200メートルバタフライの世界記録をマークしたことで「得意意識はさらに出ている」。継続的な筋力トレーニングで下半身を鍛え、より鋭いキックを打てるようになった。さらに息継ぎのタイミングを状況に合わせて使い分けられるように意識。高いレベルでタイムが安定するようになった。

 ひとかきごとの呼吸は酸素を多く取り込めて後半に生きるが、タイミングがずれると体が立ちやすく、抵抗が大きくなる。そのため、今大会は予選から効率よくスピードを出せるという2回に1度の息継ぎを採用した。「リズムが良くて、自分の強みになる」と再確認し、メダル争いに食い込んだ。

 世界記録を更新したミラクに完敗したことは認めつつ、1年後のこの日に開幕する大舞台に向け、「東京五輪のメダルがめちゃくちゃほしい」と意欲をみなぎらせる。200メートル個人メドレーの準決勝も難なく通過し、翌日の決勝へ。連日のメダル獲得を視野に入れる。 (光州・磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報