東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

松坂、プロ最短1/3回降板 DeNA7連勝

1回DeNA1死満塁、石川に右前打を許して5点目を失い声を荒らげる松坂=ナゴヤドームで

写真

◇DeNA12−3中日

 DeNAは先発全員安打、全員得点で圧勝して7連勝。一回は打者13人で8点、二回も4点を奪った。5回無失点で2勝目の石田が、打撃でも2安打4打点と活躍した。中日は4年ぶりの8連敗。松坂は1死しか取れずにKOされた。

 あぜんとするしかなかった。今季2度目の登板だった中日の松坂は先発としてプロ最短の1/3回で降板し、昨季2勝0敗だったDeNA戦で今シーズン初黒星を喫した。8安打8失点の散々な結果に「苦しい時に頑張らないといけない立場と思っていたので、それができなくて残念」。28日に2軍落ちする見通しとなったことを明らかにした。

 変化球や140キロを超えない直球が真ん中に集まり、乱打された。1番から4連打。さらに満塁から4連続適時打を許した。打者10人でKOされ、ベンチで悔しそうな表情を浮かべた。いきなり試合を壊してしまったベテランの投球に与田監督は「ボールが全体的に甘く入った」と厳しい表情だった。チームの連敗も2015年以来の8に伸び、その前の8連勝も帳消しになった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報