東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高山 110障害日本新 五輪標準突破

男子110メートル障害13秒30の日本新記録で優勝した高山峻野=ShonanBMWスタジアム平塚で

写真

 実業団・学生対抗は27日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で行われ、男子110メートル障害で追い風1・9メートルの条件下、今秋の世界選手権代表に決まっている高山峻野(ゼンリン)が13秒30の日本新記録で優勝し、2020年東京五輪の参加標準記録を突破した。従来の記録は高山ら3人がマークした13秒36だった。

 女子100メートル障害は寺田明日香(パソナグループ)が13秒07の大会新記録で優勝。100メートルの男子は坂井隆一郎(関大)が10秒29で、女子は土井杏南(JAL)が11秒54で制した。男子の走り高跳びは衛藤昂(味の素AGF)が2メートル21で、400メートルはウォルシュ・ジュリアン(富士通)が46秒08で勝った。

◆風にも恵まれ後半突き放す

 13秒30のタイムを確認すると、普段はひょうひょうとしている高山も「よっしゃー」と雄たけびを上げた。

 追い風1・9メートルの好条件にも恵まれ、自身を含む3人が並んでいた日本記録を0秒06更新。「本当にいいレースができた。風に押されたけど、まさか30までいくとは」と表情を崩した。前半3台目までは抑え気味。余計な力を使いすぎず、失速しがちだった後半に余裕を持って入り、ライバルの泉谷らを突き放した。

 思い描いた通りのレースで、男子110メートル障害の日本勢で初めて東京五輪の参加標準記録も突破。「かなり気持ち的に楽になった」と笑みが漏れた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報