東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

瀬戸「五輪まで怖くない」 400メドレーリレー、男女で五輪 世界水泳

男子400メートル個人メドレーで優勝した瀬戸大也の平泳ぎ=韓国・光州で(沢田将人撮影)

写真

 【光州(韓国)=共同】世界選手権最終日は28日、当地で行われ、競泳男子400メートル個人メドレーは、瀬戸大也(ANA)が4分8秒95で2大会ぶり3度目の優勝を果たした。200メートルとの2冠で、両種目で東京五輪代表入り。

 瀬戸は世界選手権の通算金メダル数を日本勢単独最多の4に伸ばした。400メートル個人メドレーは2013、15年大会で金、17年大会で銅のメダルを手にしており、同一種目で4大会連続の表彰台に立った初の日本選手となった。

 女子400メートル個人メドレーは予選2位通過の大橋悠依(イトマン東進)が4分32秒33で3位に入り、カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が4連覇を達成した。

 400メートルメドレーリレーは午前の予選で男子、女子とも日本が東京五輪出場枠を獲得。決勝では男子(入江、小関、水沼、中村)が3分30秒35で4位、女子(酒井、青木玲、牧野、大本)が3分58秒14で6位だった。今大会で東京五輪の日本代表入りを決めたのは、競泳の瀬戸と、飛び込みの寺内健、坂井丞(ともにミキハウス)荒井祭里(JSS宝塚)三上紗也可(米子DC)の計5人となった。

◆鍛えたスタミナ 後半に粘り

 迫り来る後続から自由形で逃げ、追い上げを振り切った。瀬戸が本命と位置付けた男子400メートル個人メドレー。「最低でも最高でも金メダルと言ってきた。日本に個人メドレーのチャンピオンを戻せた」。この種目で3個目の金メダルは史上初。そして、日本人2人目となる個人種目2冠。記録ずくめの王座奪還だった。

 最大のライバルだったケイリシュ(米国)が予選落ちをしたことで、勝利の公算がレース前から大きくなった。「確実に金メダルを取るレースが頭をよぎった」という思考を切り替えられたのは、来夏に東京五輪があるから。「攻める姿勢は貫こうと思った」。平泳ぎまでは一人旅の状態を維持した。

 2年前の失敗が意識改革の始まりだった。前回大会のレース中に積極性を失い、王者ながら表彰台狙いに転じたプランを反省した。昨年から「前半の攻め」をキーワードにし、果敢なレース運びに何度もトライ。今年はその前半に「後半の粘り」を加えた。

 積極性が成り立つのは終盤まで持つスタミナがあってこそ。「最後に爆発できれば勝ち目はある」。きつい運動をすると筋肉が疲労する乳酸が出るが、それに耐えるトレーニングに主眼を置いた。短い休息をはさみながら50メートルを全力で繰り返し泳ぐ。「東京五輪まで怖くない。乗り越えられたら結果がついてくる」と気持ちは折れなかった。

 4分5秒台を出せるケイリシュの不振などを念頭に、試合後に何度も繰り返したのは「今回は本当にラッキーだった」。勝負強さを身につけてもなお、気を引き締める。「もう一度、活を入れて、1年間しっかり頑張りたい」。ぶれることのない信念で来夏も世界一をつかみにいく。 (光州・磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報