東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

瀬戸「金」日本最多 400個メ 世界水泳4個目

男子400メートル個人メドレー決勝で優勝し、ガッツポーズする瀬戸大也=28日、韓国・光州で(沢田将人撮影)

写真

 【光州(韓国)=磯部旭弘】競泳男子の瀬戸大也(25)=ANA=が二十八日、当地で開かれている水泳の世界選手権の男子400メートル個人メドレーで2大会ぶり3度目の優勝を果たし、世界選手権の日本勢で北島康介を抜いて単独最多となる通算4個目の金メダルを獲得した。瀬戸は二十五日に優勝した200メートル個人メドレーに続き、この種目でも来年の東京五輪代表に決まった。

 日本勢で1大会2個の金メダルは、二〇〇三年大会の北島以来。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報