東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

原沢一本負け、2位 柔道GP大会最終日 男子100キロ超級決勝

男子100キロ超級決勝ゲラ・ザーリシビリ(手前)に一本負けした原沢久喜=ザグレブで(共同)

写真

 【ザグレブ=共同】グランプリ大会最終日は28日、ザグレブで男女計5階級が行われ、男子100キロ超級は世界選手権(8月25日〜9月1日・日本武道館)代表で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(百五銀行)が決勝でゲラ・ザーリシビリ(ジョージア)に延長の末に一本負けし2位だった。

 世界選手権女子78キロ超級代表の19歳、素根輝(環太平洋大)は初戦の2回戦から4試合を勝ち進み、決勝は不戦勝。同78キロ級でリオ五輪代表の梅木真美(ALSOK)も優勝した。

 男子90キロ級は世界選手権混合団体メンバーの村尾三四郎(東海大)が決勝でジョージア選手に一本負け。長沢憲大(パーク24)は準々決勝で左膝付近を痛めて棄権し、敗者復活戦は出なかった。

◆一瞬の隙突かれて

 男子100キロ超級の原沢は決勝の延長で一瞬の隙を突かれた。若いザーリシビリを押し続けたが、不用意に体を密着させたところで強引な帯取り返しを浴びて一本負け。宿敵リネール(フランス)が欠場した大会で優勝を逃し「なかなか、あの体勢からは…。外国人選手の力強さを改めて感じた」と反省しきりだった。

 7月初旬のモントリオール大会から短い期間でのグランプリの連戦で体調面が整わず「1日を通して良くなかった」と言う。初制覇を狙う世界選手権へ「ピークを合わせたい」と修正を誓った。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報