東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

楢崎智2度目V 複合Vへ最高のスタート クライミング世界選手権

世界選手権男子ボルダリング決勝で、第3課題を完登し雄たけびを上げる楢崎智亜=いずれも東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で

写真

 世界選手権第3日は13日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子でボルダリングが行われ、6人による決勝で男子は23歳の楢崎智亜(TEAM au)が4課題(コース)で2完登をマークし、2016年以来2大会ぶり2度目の優勝を果たした。日本男子はこの種目で3大会連続の金メダル。

 女子は2完登だった30歳の野口啓代(あきよ=TEAM au)が2大会連続の銀メダルを獲得。3完登のヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が2連覇した。

 他の日本勢は男子の藤井快(こころ=TEAM au)が4位、土肥圭太(鹿児島県連盟)が5位で、前回王者の原田海(日新火災)らは準決勝で敗退した。女子は野中生萌(みほう=XFLAG)が5位、倉菜々子(ウィルスタッフ)が6位。伊藤ふたば(TEAM au)は決勝に進めなかった。

 14日は男女のリード予選が行われる。

 スピードとリードを含めた3種目の複合で実施される2020年の東京五輪。その切符が懸かる今大会の複合の頂点に向け、最高のスタートを切った。男子の楢崎智は2大会ぶりに王座を奪還。「(ワールドカップの)年間チャンピオンを取っている年での優勝だったので、かなり自信になった」と16年以来となる2冠に手応えを深めた。

 決勝の第1課題をただ一人完登してリードを奪った。他選手はゴールのホールド(突起物)に手をかけながらも落下したが、楢崎智は左手でホールドを突っ張るようにしてまず体勢を安定させ、右手を伸ばしてクリア。薄くて大きいホールドが並び、第3課題も手足を絶妙な位置に置いて体を支えて攻略し「これで(優勝が)決まったと思った」。

 2連覇が懸かった昨年の大会は7位に終わった。徹底的に弱点克服に取り組んだ成果で安定感が増し、今季の快進撃につなげた。気を緩める様子はなく「複合が今回のメイン」ときっぱり。大会終盤に訪れるヤマ場を見据えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報