東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ベイ連夜の逆転負け 上茶谷リード守れず

6失点した4回を終え、ベンチに戻るDeNA・上茶谷。この回で降板となる=神宮で

写真

◇ヤクルト8−7DeNA

 ヤクルトが乱打戦を制した。7−7の七回にバレンティンの適時二塁打で1点を勝ち越した。5番手の梅野が今季初勝利。DeNAは3連敗を喫した。三回までに5−1とリードしながら、先発した上茶谷が4回7失点と崩れた。

 ◇ 

 九回。大和が左飛に倒れて、敗戦が確定すると、DeNAのラミレス監督は足早にクラブハウスへと引き揚げた。最下位ヤクルトに連夜の逆転負けを喫し、痛恨のカード負け越し。首位巨人に0・5ゲーム差に肉薄したころの勢いはどこへ。投打の歯車がかみ合わない。三回までに5得点。ドラフト2位ルーキーの伊藤裕が2ランを放つなど、主導権を握っていた。だが、先発の上茶谷が粘り切れない。5−1の四回に7本の長短打を集められ、6失点。生命線のカットボールの制球が定まらず「勝負どころで甘く入った。リードを守ることができずに申し訳ない」とうなだれた。

 開幕から先発ローテーションを守り続けてきた新人右腕が前回登板に続いて2試合連続の大量失点でノックアウト。指揮官は「ちょっと考えないといけない」と次回の登板を確約しなかった。

 正捕手の伊藤光、大きな得点源である宮崎を故障で欠いても現状、打線はつながっている。一方、前夜は抑えの山崎が2点リードを守り切れず、サヨナラ負け。この日は同点の七回にエスコバーが勝ち越しを許した。救援陣にほころびが生じているのは気掛かり。巨人も敗れてゲーム差は3のままだが、その背中を捉えるためにも、好転のきっかけがほしい。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報