東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

城山、日本新8メートル40 走り幅跳び  110メートル障害・高山も日本新

男子走り幅跳びで、3回目に8メートル40をマークし、日本記録を更新した城山正太郎=いずれも福井県営陸上競技場で

写真

 ナイトゲームズ・イン福井は17日、福井県営陸上競技場で行われ、男子走り幅跳びで城山正太郎(ゼンリン)が3回目に日本新記録となる8メートル40を跳んで優勝した。橋岡優輝(日大)が8メートル32で2位。1992年に森長正樹が出した8メートル25の日本記録を橋岡が1回目に7センチ更新し、さらに城山が今季世界2位の跳躍で塗り替えた。城山、橋岡、8メートル23で3位の津波響樹(東洋大)の3人は来年の東京五輪の参加標準記録を突破した。

 同110メートル障害は高山峻野(ゼンリン)が13秒25の日本新記録で優勝。7月に自身がマークした13秒30を更新した。女子100メートル障害は寺田明日香(パソナグループ)が日本記録に並ぶ13秒00で制した。

 男子100メートルは桐生祥秀(日本生命)が10秒05で勝ち、多田修平(住友電工)が2位。同200メートルは白石黄良々(セレスポ)が20秒27で制し、2位の飯塚翔太(ミズノ)、3位の山下潤(筑波大)までが今年の世界選手権の参加標準記録に達した。

◆橋岡1回目8メートル32 40分後、城山上回り27年ぶり

橋岡優輝は1回目で8メートル32をマーク

写真

 2年前に男子100メートルで桐生が日本初の9秒台を記録した「9・98スタジアム」がまたも大歓声に包まれた。

 男子走り幅跳び。20歳の橋岡が1回目に8メートル32を跳び、日大の先輩である森長正樹コーチが27年前につくった日本記録を更新。両手を広げ、観客に応える。だが、これは序章にすぎなかった。

 約40分後。さらなるどよめきが起こった。自己記録8メートル01の城山が3回目に大ジャンプ。橋岡の日本記録をさらに上回り、今季世界2位となる8メートル40をマーク。掲示板で記録を確認すると、「すごすぎて、ちょっと。まさか(8メートル)40いっているとは」。驚きと喜びで言葉を詰まらせた。

 今季に向け、筋力トレーニングでパワーアップに励んできた。地面を捉える力が以前と比べ、大きくなったという。助走のラスト5歩はこれまでにない好感触。「だいたい4歩目で(結果が)分かる。踏み切りばかりに意識がいかず、風も気持ちよくて、スピードも乗って、すごくスムーズだった」と勝因を語る。

 日本記録連発のハイレベルな争い。喜び一瞬の橋岡は「悔しい。ちょっとどころじゃない」と苦笑い。一方、24歳の城山は「またすぐ橋岡選手に抜かれますよ」と、こちらも戸惑いを隠さない。記録でみれば、一躍、世界選手権のメダル候補。「いやいや。どんな条件でも(8メートル)20を跳べるようにしたい」と足元をみつめた。 (森合正範)

◆選手ら「びっくり」 好条件そろい記録ラッシュ

 クラウドファンディングで資金を募り、選手に活動資金や賞金が贈られ、フィールド内にも観客席を設けるなど、斬新な手法で開催された新規の大会。ファンの盛り上がりも選手の活躍を後押しし、日本新記録が相次いだ。

 自らの日本記録を0秒05更新した男子110メートル障害の高山は「この前の(13秒)30が限界だと感じていた。全く想像していなかった。びっくり」と驚いた様子だった。女子100メートル障害でも寺田が日本タイ記録。レース直前に男子走り幅跳びで日本記録が連発したこともあり、「記録を狙いにいくと硬くなる。できるだけ気にしないで走った」と笑顔を浮かべた。

 男子200メートルでも、トップの白石が自己記録を0秒41更新するなど好記録が続出。飯塚は「走っている感じでは(世界選手権の参加標準記録を)切れるとは思わなかった。タイムが意外と速かった」と想定外の記録に喜んだ。

 福井陸協の木原靖之専務理事は好記録の要因として「まずは一体感となっている会場の雰囲気。あとは公認記録(2.0メートル以内)ぎりぎりの追い風と50〜60%の湿度」と会場の条件面を強調。続けて「それら全てが当てはまる日がある。そのときには高校生でもいい記録が出る。きょうはそういう日だった」と分析した。 (森合正範)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報