東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

履正社、決勝へ 明石商に7−1

履正社−明石商 1回表履正社無死、桃谷の飛球に飛びつく明石商の中堅手来田。捕球できず三塁打となる=甲子園で

写真

◇全国高校野球選手権<第13日> 履正社7−1明石商

 全国高校野球選手権大会第13日は20日、甲子園球場で準決勝が行われ、履正社(大阪)が明石商(兵庫)を7−1で下して、夏は初めて決勝に進んだ。

 履正社は一回に6安打を集めて4点を先制。岩崎が1失点完投した。

 降雨で悪化したグラウンドを整備するため、試合開始時間が約1時間遅れた。

 第2試合は、中京学院大中京(岐阜)と星稜(石川)が対戦。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報