東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

自信の履正社 桃谷が口火、初回4点

履正社−明石商 1回表履正社無死、中越え三塁打を放つ桃谷

写真

◇全国高校野球選手権<第13日> 履正社7−1明石商

 履正社が快勝。一回に先頭の桃谷が中越え三塁打で出ると、続く池田の左前打で先制。さらに西川の2点打などで計4点を挙げた。五回には野口の適時打で1点、九回も野口の適時打で2点を挙げて、突き放した。岩崎はカットボールを効果的に使い、無四球で10奪三振。6安打1失点完投した。

 明石商は中森が立ち上がりに球威を欠いた。反撃は一回の来田の本塁打による1点のみ。二回以降は好機が少なく、攻撃を仕掛ける場面をつくれなかった。

    ◇

 自信が漂う。大会屈指の好投手、明石商の中森に対し、履正社の岡田監督は「レベルの高い投手をどう攻略しようか、と。対応、方法はある」。立ち上がりで打ち込み、初の決勝進出を決めた。

 一回、先頭の桃谷が中越え三塁打で口火を切った。今大会、一回は5打数5安打、4長打とした1番は「僕が打てば相手も重圧がかかる。思い切ったスイングで勢いづけようとしている」。続く池田の適時打で先制し、1死後からの3連打で3点を加えた。適時二塁打の内倉が「カウントを取りに来る直球を狙った」と言うように、各打者が低めの変化球を捨て、浮いた球を確実に捉えた。

 中森は準々決勝で150キロ超の直球で押すなど圧巻の投球。ただ、履正社には余裕が感じられた。今春の選抜大会で星稜(石川)の奥川に完封を喫し、岡田監督は「あの投手を打てないと甲子園で勝てない」と鼓舞。全ての練習で奥川を基準にして考え、桃谷は「(奥川以上はいないと)考えると楽になる。いけるんじゃないかと自信がある」と、伸び伸びバットを振った。

 全試合で2桁安打。決勝で奥川と再戦する。春からの成長を実感する桃谷は「リベンジしたい」と言った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報