東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

格上ドイツに逆転逃げ切り バスケットボール 強化試合

日本−ドイツ 第4クオーター、ダンクシュートを決める渡辺雄(中)=さいたまスーパーアリーナで

写真

 強化試合は24日、さいたまスーパーアリーナで行われ、31日に中国で開幕する男子のワールドカップ(W杯)に出場する世界ランキング48位の日本は同22位のドイツに86−83で逆転勝ちした。日本は25日に同51位のチュニジアと対戦する。

 日本は序盤から八村(ウィザーズ)を中心に得点し、35−42で迎えた後半に渡辺雄(グリズリーズ)らの得点で追い上げた。3点を追った最終クオーターに馬場(A東京)のフリースローで逆転し、逃げ切った。八村は31得点の活躍だった。

 女子で世界ランキング10位の日本は同39位の台湾に91−59で快勝した。渡嘉敷や宮沢(ともにJX−ENEOS)ら6人が2桁得点をマークした。

◆八村、渡辺雄柱に勢い

 試合終了のブザーと同時に1万8000人余の観衆は総立ち。日本は終盤の粘りで逆転し、現役NBA選手4人を擁するドイツに競り勝った。「W杯も楽しみにしていてください」。エースの八村は、満足そうな笑顔で客席に手を振った。

 残り2分を切り、1点を追う土壇場でも冷静だった。NBAで実績のあるドイツのシュレーダーが、ゴール下に切れ込む。八村は「チームのベストプレーヤーなら自分で決めたい。彼はパスしないと思った」。放たれたレイアップシュートをブロックすると、速攻につなげて逆転に成功。最後は渡辺雄が相手ボールを奪って逃げ切った。

 八村が31得点、渡辺雄も20得点。トップレベルの相手と攻守に渡り合える2人の核がいることで、波に乗った時の勢いは増し、苦しい時間帯もしのげた。右足首のけがから完全復活した渡辺雄は「今日で吹っ切れた」と手応えを口にした。

 課題のリバウンドでは大きく上回られ、連戦の疲れが見えたドイツのシュートミスに助けられた側面はある。それでも「徐々に力を付けてきていると感じる」と渡辺雄。条件がそろえば欧州の強豪に勝てる。そう証明したことは、W杯で苦しい局面を乗り越えるための自信になるだろう。 (荒井隆宏)

◆米国代表、78連勝で止まる

 31日に中国で開幕するW杯に出場するバスケットボールの米国代表が24日、オーストラリアのメルボルンで行われた同国代表との親善試合に94−98で敗れ、2006年から13年続いてきた連勝が78で止まった。ロイター通信が伝えた。

 米国は06年9月1日にさいたまスーパーアリーナでの世界選手権準決勝でギリシャに敗れて以来、五輪3連覇を含め国際試合で負け知らずだった。オーストラリア代表は、米国代表戦で初勝利。米プロリーグNBAのトップ選手の多くはW杯には出場しない。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報