東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

桃田、奥原が決勝進出 バドミントン世界選手権

男子シングルス準決勝 インド選手に勝利した桃田賢斗=バーゼルで(今泉慶太撮影)

写真

 【バーゼル(スイス)=共同】世界選手権第6日は24日、当地で各種目の準決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は第16シードのB・サイプラニース(インド)を2−0で下し、全種目を通じて日本勢初の2連覇が懸かる25日の決勝に進出した。

 女子シングルスで2017年大会覇者の奥原希望(太陽ホールディングス)は13年大会女王のラチャノック・インタノン(タイ)に2−1で逆転勝ちし、決勝で2年前と同じ16年リオデジャネイロ五輪銀メダルのシンドゥ・プサルラ(インド)と顔を合わせる。

 女子ダブルスで17、18年大会準優勝の福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)は第7シードの杜ゲツ、李茵暉組(中国)を2−0で退け、3年連続で決勝進出。

 混合ダブルスで日本勢初の表彰台が確定していた渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は昨年優勝の鄭思維、黄雅瓊組(中国)に0−2で敗れて銅メダルだった。

◆桃田、余力あり 隙はなし

 2度目の頂点へ、桃田が快調に走っている。準決勝もわずか40分余りでストレート勝ちを収め、危なげなく決勝に進出。ライバルのシード選手が次々と敗れ去る中、ここまでの5戦は一度もファイナルゲームすら踏まない圧倒的な強さを見せている。

 「テクニックのある選手で裏をかかれることも多い」と警戒していた相手と序盤は競り合ったものの、第1ゲーム終盤からは主導権を握り続けた。ジャンピングスマッシュから小さいショット、再び強打と緩急で揺さぶり、ネット際の細かい打ち合いも制球力の差で得点を重ねた。

 世界ランキング1位の自らが「特別な相手」と認めるギンティン(インドネシア)、リオデジャネイロ五輪覇者の〓龍(中国)ら、難敵が相次いで姿を消すのをよそに、順調な勝ち上がりで決勝に駒を進めてきた。全てストレート勝ちで試合時間も短い分、体力的な余裕は十二分に残している。

 だが、ここまで理想的な試合運びをしていても隙は見せない。「今日は相手のフォア奥のショットが甘くなり、決められる場面も多かった。緊張で動きも微妙に重い」。快勝の中にも修正すべきところを冷静に見つけ出し、着々と決勝への準備を整えている。 (バーゼル・佐藤航)

◆負傷棄権の米元は左アキレス腱断裂

 【バーゼル(スイス)=共同】日本バドミントン協会は24日、世界選手権女子ダブルス準々決勝を負傷のため途中棄権していた米元小春(北都銀行)が左アキレス腱(けん)を断裂したと発表した。帰国後に精密検査を受けて今後の治療方針を検討するという。

※〓はごんべんに甚

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報