東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

チームの顔に 配慮欠く球団

 鳥谷への引退勧告には阪神の世代交代への並大抵ではない決意がにじむ。しかし、チームの顔だった功労者に配慮を欠いた対応となった。次代の首脳陣に加わると目された中、しこりを残した可能性も否定できない。

 話し合いがあったのは29日だった。球団の揚塩社長らと同席した谷本本部長は「タイガースのスター」としての引退を願い「後進に道を譲ってほしいと話した」と言うが、鳥谷の受け止め方は違った。「言われたのは、引退してくれないかということ。事実上戦力外という感じ」

 球団として長年の奮闘への感謝も述べたというが、鳥谷の胸に響くような熱量があったのか、疑いたくなる。引退後のポストなどを話し合う準備もしていたそうだが、現役続行への強い意欲を感じたために、提示するには至らなかったという。

 しっかりとした誠意を示せず、生え抜きの看板選手との協議を「物別れ」と表現した谷本本部長は「こちらも反省することはある」と話した。チームがクライマックスシリーズ進出への正念場で、お粗末さを露見することになった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報