東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

タカ、首位渡さない 柳田先制弾 武田奮投

◇ソフトバンク4−1西武

 ソフトバンクが連敗を5で止め、首位を守った。三回に柳田のソロで先制。五回にグラシアルの犠飛、六回に松田宣のソロ、九回はデスパイネの適時打で加点した。武田が6回無失点で5勝目。西武は好機を生かせず5連勝でストップ。

 ◇ 

 10日ぶりの勝利だ。守護神・森が九回を3人で締めると、ソフトバンクベンチに笑みが広がった。首位の座を死守し、工藤監督は「選手たちが(西武に)3連敗だけは阻止する思いで戦ってくれた」と安堵(あんど)した。

 腰痛で戦列を離れていたデスパイネが復帰。刺激を受けたように3番柳田のバットがさく裂した。三回1死、十亀のスライダーを完璧に仕留め、バックスクリーンの右へ運んだ。「集中して自分の良いスイングができた」。欲しかった先取点。この一発が、先発の武田を勇気づけた。

 スライダーとフォークを巧みに織り交ぜ、強打の西武打線に狙い球を絞らせない。6回を散発の4安打無失点。二回の3者連続を含む六つの三振を奪った。「一球一球丁寧に気持ちを込めて投げた。目の前のバッターを全力で抑えることに集中した」。捕手は甲斐ではなく、高谷。リードもさえた。

 八回には最大のピンチを迎えた。モイネロが3連打を浴び1点を返され、なお2死二、三塁。だが、外崎のセンターに抜けそうな痛烈なライナーを、牧原が横っ跳びで好捕した。殊勲の二塁手は「打球が飛んでくる雰囲気があったので準備していた」。

 工藤監督は「9月になって勝てたのも良かった」と言った。そういえば試合前、「月(ツキ)が変われば、すべてが変わる」と不敵な笑みを浮かべていた。 (牧田幸夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報