東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大坂、4回戦敗退 世界1位陥落 全米オープン

ポイントを失い、さえない表情の大坂なおみ=ニューヨークで(共同)

写真

 【ニューヨーク=共同】全米オープン第8日は2日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス4回戦で2連覇を狙った第1シードの大坂なおみ(日清食品)は第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に5−7、4−6で敗れた。

 大坂は大会後の世界ランキングで1位からの陥落が決まり、世界2位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が1位に返り咲く。

 シングルスの日本勢は全て敗退した。

 男子シングルス4回戦で3度の優勝を誇る第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が2014年大会覇者のマリン・チリッチ(クロアチア)を6−3、3−6、6−1、6−2で下し、準々決勝に進出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報