東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

池江、競泳仲間にエール 公の場、病気後初

競泳の日本学生選手権を観戦に訪れ、応援する池江璃花子選手(中央)=6日午前、東京辰巳国際水泳場で

写真

 白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が6日、東京都江東区の東京辰巳国際水泳場を訪れ、同日開幕した日本学生選手権を観戦した。今春入学した日本大の選手とそろいのTシャツを着たマスク姿で、チームメートとともに特設の応援席からエールを送った。今年2月に病気を公表してから試合会場などの公の場に姿を現すのは初めて。

 池江選手が所属するマネジメント会社によると、現在も入院中で、一時退院の許可が出たことから、本人の希望で応援に駆けつけたという。池江選手は日大スポーツ科学部に入学し、水泳部に所属している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報