東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

巨人泥沼6連敗

厳しい表情で試合を見つめる巨人・原監督=神宮で

写真

◇ヤクルト5−2巨人

 ヤクルトが逃げ切った。一回にバレンティンの30号2ランで先制し、八回に松本直のスクイズなどで3点を挙げて突き放した。石川は6回1失点と粘りの投球で7勝目を挙げた。巨人は再三の逸機が響き、6連敗を喫した。

 ◇ 

 秋めく神宮に得点の気配は何度も漂ったが、巨人がスコアボードに刻んだ数字はわずか「2」だった。今季ワーストに並ぶ6連敗。6回2失点と力投した新人の高橋に野手陣が応えられず、原監督は「アゲンストの風が吹いている。みんなで押し返さないといけない」と語気を強めた。

 悪い流れを変えるべく、坂本勇と丸の打順を入れ替え、6月6日以来の「2番・丸、3番・坂本勇」で臨んだ。だが、1点を追う七回1死一、三塁の好機で頼みの2人が続けて凡退。いずれも初球を打ち上げ、同点機を逸した。

 丸は「積極的にいこうと思ったが、仕留めきれなかった」。3カ月ぶりの2番で4打席凡退と精彩を欠いた。

 中日に3連敗を喫し、一夜明けてヤクルトに屈した。リーグ優勝に向けて依然として優位な立場にあるが、下位球団相手にこれ以上、星を取りこぼしていては足元もおぼつかなくなる。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報